読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ豊かにシンプルに~

シンプルライフを目指しています

はじめての里帰り

雑記 一人娘 娘の結婚 家族

泊りに行ってもいい?

娘からのライン・・・泊まりにくるらしい

うれしい反面、何かあったのかな?と不安がよぎる

 

一緒に暮らし始めて2週間弱

もしかして、もうギブアップ?

それとも、彼と喧嘩した? 許せない癖を発見した?

 

聞きたい気持ちをぐっとこらえて

『どぉ~ぞ!!!』と返信

 

前日は年休

娘が来る前日はたまたま所用で年休

用事は午前中に終了

久しぶりに原宿・・・それも竹下通り

場違い感に、視線を上げることができずに下を向いて早足で通過

 

そそくさと原宿を後にして、午後はショッピングへ

 

ショッピング

お買い物リスト

・春物のストール

・春物の洋服

・歩きやすい靴(ビジネス用)

・食材

 

どれを見ていても、娘の好みに目が行ってしまう

悲しい習慣

我慢できずに娘に春物トップスを購入

 

少し奮発した食材を購入

娘に持たせる用に加賀屋のお茶漬けも・・・(^_^;)

 

自分のものはなんとなく後回しに・・・不完全燃焼

 

里帰りの第一声は『ただいま~』

時間が巻き戻った?

『ただいま~』娘の声で、夫の顔がパーッと明るく

 

以前と変わらぬ食卓

でも・・・

行動が早くなってる。もたもたグズグズしてない

さっさとお風呂に入って

早めに就寝

翌朝も早めに起床

しっかり朝食も食べて、テキパキ支度

 

ほ~ぉ、進化した??

 

そして

『お邪魔しました』と言って出勤

 

元気のない夫

朝、夫も早起きしてきた

以前のようにおにぎりを作るつもりだったかな?

朝の娘の様子を少し離れてソファーから眺めていた

 

夕食

最初の二口くらいで箸が止まった

顔色も悪い

「のどを通らない」って言い出した

 

娘を嫁に出して肩の荷がおりた途端に、夫の看病??

頭の中で、よくない妄想が駆け巡る

 

ネットで検索・・・もしかしたら男性更年期

 

無口な夫はどう思っているのか言わない

言ったら多少楽になることもあるのに

 

 

はじめての里帰りの後、思いがけない夫への影響

結婚式の後、また更にがっくりくるかも?

 心配になってきた・・・(困)

 

 

 

 

 

 

 

暮らしを楽しむ・・・

なりたい自分 暮らし 朝活 雑記

朝の時間を楽しむためのニューアイテム

とうとう買っちゃった

前々から欲しかった・・・

 

ハンドミル&ハンドドリップアイテム

 

コーヒー豆を挽く

コーヒーを入れる

香りを楽しみながら、ゆったり朝のコーヒータイム

 

 

オープンキッチン

引越して8年も経つことに感慨を覚えながら・・・

 

建築基準法が厳しくなった直後の新築

間取りもかなり影響を受けた

 

いろいろ希望通りにはいかずに

現実の厳しさを思い知り、夢破れた新築

 

(夢)朝陽の入る対面キッチンでモーンニングコーヒー

(現実)オープンキッチン

 

この頓挫によって憧れの暮らしに近づく努力の歩みを止めてしまった

 

コーヒーメーカー

8年前の引越の時に断捨離

 

そもそも、自分で買ったかも記憶が定かじゃなく

ほとんど使っていなかった

 

捨てたことに後悔は全くしていないけれど

インスタントコーヒーって

なんだか味気ない

 

再度、コーヒーメーカーを買うか

ネスカフェドルチェを買うか

悩んでは眺め、眺めてはまた悩むを繰り返し

 

モノを増やしたくない

これだけは考え方の中心にあって

決め手に欠ける買い物には手が出なかった

 

フルタイムで働いて

日中はほぼ外

朝と帰宅してから、起きているのは数時間

 

折角の新築マイホームも

子供も大学生になり

 

家=寝に帰るところ

そうして暮らしていると家もそういう家に

 

アラフィフになって暮らしの考え方が変わった

家=休息をとる場所

 ⇩

家=暮らしを楽しむ

 

憧れに近づくために

暮らしを楽しむことを見つけてやってみて

心躍る

 

無理をせずに等身大で私らしく

一つずつ

 

夢見る夢子の構想は果てしなく・・・

いくつ実現できるかな?

 

 

実現したこと

朝活とまではいっていない

朝の時間の活用はまだまだ・・・

 

でも

超、超、夜型人間だったのに早起き続けています

歳を取ったからかな?

 

朝のゆっくりコーヒータイムに幸せを感じて~

早起きでのお出かけにはお得感も実感

 

次は何が実現できるかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越の時の断捨離

この時とばかりに、捨てて捨てて最小限度でお引越

 

その中に、コーヒーメーカー

 

あんまりおいしいと思った記憶がない

場所をとる

邪魔→→廃棄

 

キッチンアイテムを断捨離しすぎて

捨てすぎたアイテムの補充で出費がかさんだ記憶が・・・

 

だからニューアイテムの購入には慎重になる

 

そもそも先代のコーヒーメーカーはこだわりなくなんとなく購入

だから躊躇なく捨てられた

そんなアイテムが多かった

 

とりあえず・・・

安いから・・・・

そんな理由で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフィフ夫婦の三連休

夫婦のこと 暮らし 雑記

夫婦の連休の予定

夫も連休になると分かったのは連休の3日前

私と被るのは2日間

夫は、なぜか金・土・日と三連休

 

どうしようかぁ~

私:アウトレットに行きたいなぁ~

夫:御殿場ならなんとなく場所がわかる

久しぶりのちょっと遠出♪

他の予定を考慮して日曜日に行くことに決定!!

 

金曜日

夫:連休初日

私:仕事

娘と食事へ~

 

近況を聞きながら食事をして

帰りはマンションまで送って帰ってきたら

すっかり遅くなってしまった

 

 

土曜日

いつもの休日の過ごし方~

 

平日に行き届かない掃除・洗濯・片付けもの等々・・・

 ↓

ワンコ達と長散歩

 ↓

食材の買い出し

 ↓

思い立って映画「SING」へ

 

日曜日

渋滞を考慮して早めに出発

渋滞は想定内のレベルで

予定通り足利SAで休憩

富士山を眺めながらコーヒーブレイク

コーヒーを飲みながらアウトレットの情報をググってみたら

駐車場が混むらしいこと等々が分かって(←ググるの遅い(-_-;))

休憩を短縮

御殿場ICを降りるとすぐなはずなのに・・・

ナビに騙されて・・閉鎖中の駐車場へ誘導

他にもたくさんの車が来ていたのできっと施設名検索だと誤情報が出ちゃうのかも??

 

御殿場プレミアム・アウトレット

アウトレット大きさランキング日本一・・・東京ドーム8個分

富士山を望んで東西のエリアに分かれて

ショップ数は225

 

富士山を眺めながらのお買い物は歩くだけでも楽しい

 

外国人観光客が多い

 

 

買い物は夫と一緒じゃないほうがいい

10時オープンなはずなのに

駐車場の車から続々と人が降りてショップへ向かっていく

 

行ってみようよ~と気が急く私と

対照的に夫は「オープンは10時でしょ?」と言ってのんきに携帯ゲームしてる

イライラ

 

結局30分早くショップのエリアに行くと

トイレは大行列

ショップも開いている

だから言ったじゃん・・・ムカムカ

 

とにかく広い

でもせっかく来たからいろいろ見たい

→ジグザグ歩き・・・夫「どっちに行くの?」ムカムカ

 

ウェッジウッドイッタラもあって眺めていて楽しい

買おうかな~と手に取ると

「変な柄」と横から言われるムカムカ

 

ボッティガベネタやプラダでハンドバッグを見ていたら

またまた夫が「高いな~」と・・・イライラ

 

ティファールでフライパンを買った後にルクルーゼに入ったら

「また鍋?」ムカムカ

 

そんなこと言われたら買えない

それにモノは増やさない方針だしと自分に言い聞かせて

 

5時間歩いて、買ったのは4種類

玄関マット

フライパン2種類

洗面所のコップ

傘に水滴取り珪藻土マット

 

お昼頃には混雑

フードエリアも長蛇の列

 

並ぶの嫌いな夫

お腹すいたけれど、のど乾いたけれど

並ぼうって言ったらいやな顔するだろうなぁ~

いやな顔をされてまで並んで食べるのも・・・

頭の中ぐるぐる

 

私:「混んできたし、帰ろうか?」

夫:「もういいの?」

私:「また連れてきて」

夫:「いいよ」

付き合い始めのカップルじゃあるまいし・・・な会話

 

ハンドバッグは夫のいないときに買おうと決意を固め

 

イライラxムカムカ爆発する前に

お昼過ぎには早々に退散

 

海老名SA

テレビの特集では見たことあるけれど

久しぶりにいった海老名SAの変貌ぶりには驚いた

 

空腹とのどの渇きもそろそろ限界

そんなことはおくびにも見せません

 

「海老名SA、入ってみたい」と提案

すんなり受け入れられてin

 

まるでショッピングセンターのよう

充実してる

でもここも大混雑

 

フードコートの席の確保を早々にあきらめて

サンドウィッチとコーヒーを車の中で

 

夫は運転席で

私は後部座席で

黙々と食し

私「ごちそうさまでした」

夫「出発しますよ。この先は渋滞ですよ。」

 

ここも早々に退散

 

でもおかげで最小限度の渋滞で済んだ

同じ方面から3時間遅く出発した人から聞いた話では大渋滞で9時間かかったらしい

 

 

 

帰宅して昼寝して

夕食して、夫は翌日からの仕事に備えて

夫婦の連休は終わりました

 

文字にしてみると

とーってもつまらなさそう

それなりに楽しかった

こんなものかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実両親との二世帯住宅の暮らしは周りが思うほど楽じゃない

家族 愚痴 雑記

三連休の計画

夫婦だけになって初めての連休

何かに急かされるように盛りだくさんの予定を入れて

 

私:まつ毛パーマ  夫:美容院

映画

食材買い出し

ドライブ&アウトレット

 

最終日・・・夫:仕事  私:off日

 

 

OFFの過ごし方

メイクしない

1歩も外に出ない

家でまったり&ゆっくり過ごす

 

 

二世帯住宅の弊害

在or不在がバレバレ

親世帯の来客に巻き込まれる

 

連休最終日の呼び出し

お昼前に母から電話

『お彼岸だからぼた餅作ったの。

一家も来ているし、一緒にお昼食べない?』

 

面倒くさ~い

一家とテキトーにやってよ~

内心、そう思う

けれど・・・母のがっかりした声を聴きたくない

  ↓  ↓  ↓

「はーい!今行きまーす」

 

また・・・OFF日がつぶれた↴

 

一家

妹もアラフィフ

高齢出産で小学校低学年の息子が一人

晩婚で旦那様は外国人

姉妹でも性格は真逆

末っ子気質でわがまま

 

連休最終日のカオス

行けば行ったで、母の積もる話がある

適度な相槌と賛同とともに話を聞くことにしている

ところが妹は必ず、どうでもいいことで反対意見をいう

そして母を困惑させる

 

妹は昔から大勢に影響のないことでいちいちケチをつける

そして母はそのことで受けるダメージが意外と大きい

母がよかれと思って言ったことややったことにもケチをつける

 

一連のやり取りを終えて一拍おいてから

「お母さんの思うようにやっていいよ」とこっそりささやく

その日のうちに解決させておかないと何日も悩むことがある

 

年寄りの世界観への想像力や思いやりのなさに

悲しく、怒りも感じる

こんなに思いやりのない子だったかな?

 

 

最近なにかといと妹がいう言葉

「私の結婚の時はなーんにもしてもらえなかった」

 

何が言いたいのかよくわからない。どういう意味?

母が「好きな人と結婚できてよかったじゃない」というと

首をかしげる

両親の決めた相手と結婚したのならまだしも、両親の反対を押し切っての国際結婚

首をかしげたいのはこちら・・・

 

妹が結婚したいと言いだした時の混乱は昨日のことのように覚えている

なかなか結婚せずに両親をやきもきさせて

結婚したいと言った相手が外国人

東北の田舎町出身の両親から見たら外国の人と結婚するなんて想定外

それを押し切って結婚して

今は行き来もしてうまくいっている

何が不満なのかちっともわからない

 

「私も結婚資金は自分でためてやりたいようにやった」と私がいうと

また首をかしげる

私の結婚準備は傍で見ていて知っているはずなのに・・・

 

娘の結婚の支度をする私を見て言っているかも?

それにしても、姪のことにやきもちを焼くなんておかしな話

だけど、だとすると納得のいくことも・・・

娘のことを妹のような感覚で考えている?

色々、諸々口を出してくるから

「そもそも叔母さんって関係が遠いからね」とくぎを刺すと少し引く

私は何もしてもらえなかったから自分のしてほしかったことを娘にしている

何に納得がいかないのかが分からないし、イラつく言動

 

昔から「お姉ちゃんばかりズルイ!」が決まり文句

ずるくない! 結果を出すためにそれなりに努力をしている。

 

二世帯住宅で親からの恩恵を受けている

共働きできているのは両親の協力があるから

楽な仕事をしている

等々と今も勝手な思い込みで「お姉ちゃんばかりずるい」と思っている

そんなことない

 ↓ ↓ ↓

建築費のローン、公共料金は全て私たち持ちで大変だから共働きをしている

平日のコミュニケーションは両親の健康状態の把握のため

夕食は母が作っていると思っているらしいけれど、全く別々

会社は人間関係が大変で胃薬が手放せない

だけど・・・そんなことは親に余計な心配をかけたくないから言わない

 

別に持家なんかいらない

マンションでのんきに暮らしたい

私は内心そう思っている

 

高齢出産で持病があって甘えん坊な妹と暮らしたほうがいいのでは?

何度か母に言った。

「いやよ。将来のことを考えてあなたを育てたんだから。」と母はいう。

 

駄々っ子のような言い分を展開する妹と

暴れまくる甥、叱りつける義弟

連休最終日にすっかり疲れてしまった。

性格的に二世帯住宅に暮らすのは向いていないかも?

 

声高に言いたい

実両親との暮らしは周りが思うほど楽じゃない!

 

 

生活のリズムの乱れ?疲れ?・・・朝活中断→再開の兆し

雑記 夫婦のこと 朝活

最初の一週間

お二人様に戻って1週間

なんだか調子が狂う

娘が合宿や旅行で1週間位いないことは過去にもあった

けれど、何かかが違う

友達からは「脱力感が襲ってくるよ~」等々

脅しに近いアドバイスをいただき

会う人、会う人に

「寂しいでしょ?」と聞かれて

ん・・・まだ寂しいの領域までは達していない

でもなんだか調子が狂う

家の中はやたらと静かだし、散らからない

50代の夫婦二人だけの暮らしってこんなに静かなんだ

そして張合がない

 

目論み

いろいろ片付いたら

朝活deダイエットを目論んでいた

夫が出かけた後に少し運動を・・・ラジオ体操?スクワット?プランク

構想だけは・・・・立派に・・・

でもまだ行動に移せていない

 

やっぱり脱力感?

朝、なんだか起きれない

夜、早く寝ても・・・起きれない

 

これが脱力感というものなのかな?

そういえば・・・朝起きれない。お腹すかない。

 

今朝は久々に5時台に起きることができました。

このところ、公私ともに忙しかった。

やっぱり、今のところは疲れ・・・

 

OFF日が欲しい

一日中家でダラダラしたい

メイクもせずに部屋着でダラダラしたい

しばらくできそうにもない(><)

 

生活のリズムを立て直す

久しぶりに早起きできて

ブログも更新できて

これをきっかけに生活のリズムを立て直そう

 

やらなきゃいけないこと・・・

保留のこと・・・

山積み

 

一つずつ片付けよう

 

あれもこれもと欲張って失敗が多かった

いい年してコツコツが苦手

でも、コツコツやって行こう

 

今日の予定

会議→ランチ会

眠くなりそう

 

ゆるっとがんばろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ララランド」見てきました・・・夫のせいで余韻を楽しめませんでした

映画 夫婦のこと 趣味 雑記

夫婦50割

夫との共通の趣味は映画

夫が50代になって、お得に鑑賞できるようになって

映画へ行く回数は増えました

 

ミーハーとして、トレンドは抑えておきたい

前評判が高かったり、受賞作は見たい

 

ところが・・・

ここのところ公私ともに多忙すぎて

「君の名は」も

この世界の片隅に」も

シンゴジラ」も

「怒り」も

見逃してしまった

 

日本アカデミー賞受賞作で鑑賞したのは

「64」

「湯を沸かずほどの熱い愛」

しかも舞台あいさつに当選!

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」は涙が止まらなかった。

監督の熱い想い、俳優さんも素晴らしかった。

 

アメリカのアカデミー賞受賞作はあまり得意じゃない

 

けれど「ララランド」は、友達からの評判がとーってもいい

「スカーッとするよ!!」

「帰り道はステップ踏みたくなる」

「意外にホロリとくる」

 

「ララランド」感想(ネタバレないように気をつけます)

少し嫌な流れになっている我が家

気分を変えるつもりで~ラララ♪

 

夫・・・映画館を出る時、ステップ踏んでました。

私・・・ホロリ。意外にホロリ。

 

因みにお隣の席の人は号泣でエンドロールで拍手していました。

 

当たり前だけど、ミュージカル映画特有のなぜここで歌う?的な感じは満載

 

これ以上はネタバレになってしまいそう

 

余韻台無し

「映画ってホントにいいものですね」と余韻に浸りながら映画館を後にして

 

夫の携帯に着歴アリ(取引先の担当者)

その場でかけはじめた

自営業者はそんなこと日常茶飯事

全然構わない

話の内容によっては変わる

 

相手から

〇〇ですよね?と聞かれると

ハイ!〇〇です。

△△ですよね?と聞かれると

はい!△△です。

 

何、いい加減なことを言ってるの?

余韻、一気に飛びました。

台無し!!

ギャンギャン言いたいけれどぐっと我慢。

ギャンギャン言ってしまったら余韻が楽しめないどころか自己嫌悪が残っちゃう。

 

 

次は何を見ようかな~?

涙活しようかな~。

一人で行こうかな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の苗字が変わりました

雑記 一人娘 娘の結婚 家族

入籍

両家の顔合わせから2か月弱で入籍

 

日程は娘の名前のごろ合わせ

 

アイディアはいいけれど・・・

時間がなさすぎる

複雑な心境

 

当の2人はルンルン(←あたりまえだけど)

前だけをみて突き進んでいく

 

SNS

ラインのリストに見知らぬ名前・・・

 

改めて事実を再確認

遠くへいってしまった感じ

 

意外なことで思い知った

娘の苗字が変わった事実

 

引越

新居は都内の新築マンション

賃貸ながら設備は分譲並み

 

家財道具の揃え方…分担を大まかに両家で決めて

新居が決まってから猛スピードで揃えて

ほぼ毎週のようにお買い物、毎週末配送

 

どたばたと引っ越していきました

 

母は涙を流し

夫は家が広く感じると切ない発言

先を越されてしまって・・・・がまんがまんな内心

娘が忘れ物を取りに来て、送った帰りの車の中で涙があふれてきた

「さみしい」の一言では表せない複雑な心境

夫に気づかれないように

どうしたら止まるんだろうと焦りながら

あふれる涙が止まらない

車庫につくころにはなんとか涙も止まって、泣き顔も夕暮れに誤魔化したつもり

でも、ばれてたかな??

 

2人だけの食卓

娘が大学入学以降はは夫と2人だけの食事はよくあること

でも今日はとーっても寂しく感じた

夫も同感だったらしい

夕食後に明朝の炊飯器の準備

 

娘のおにぎりもないし、私も明日は終日会議でお弁当の必要ないことから

ごはんは俺だけかな?

とポツリ

 

ひとつひとつしみる

 

食事を作る張合いもなくなっちゃうかも・・・・

 

 

娘の幸せを願いつつ、寂しさをかみしめています